アラントインの保湿効果とは??

アラントインという成分は、まだ広く知られておらず私たちには馴染のない言葉です。

しかし、お使いのスキンケア用品や薬用クリームなどの成分表を見てみてください。

このアラントインという成分が含まれているものが実は多いことに気づくでしょう。

アラントインは、コンフリーという植物の根や植物の代謝物として存在する成分です。

少し前にカタツムリパックなどのカタツムリのエキスを配合したスキンケア商品が話題になりましたが、実はカタツムリの粘液にもこのアラントインという成分が含まれていることが分かっています。

嘘のような話ですが、戦時中に大変な火傷で負傷した戦士の傷口にウジ虫がわき、そのうじ虫の代謝物に含まれるアラントインの効果で傷口が治癒したと言います。

傷や火傷などにも効くというほど高い組織修復作用を持つことからも薬品としても使われています。

 

アラントインの優れた抗炎症効果

アラントインは、壊れた組織の修復作用に加え、刺激にとても強く炎症を抑える作用があります。

そのため、思春期の赤ニキビなどにも大変有効な成分として知られ、若年向けのアクネケア商品にも良く配合されています。

ただし、アルカリ性になるとアラントインは分解されて効果を発揮しなくなるので、石鹸などには配合できません。

主に弱酸性の化粧品に使われ、肌の弱い赤ちゃんや敏感肌の方にも使用できる安全で低刺激な成分なのです。

先ほども挙げたカタツムリエキスを配合した化粧品が注目されたのは、その高い保湿力によるものでした。

カタツムリエキスの高い保湿力の正体は、コラーゲンやエラスチン、そしてこのアラントインという成分です。

つまりアラントインは壊れた組織を修復しシミやしわを予防する効果に加え、外からの紫外線や刺激による肌のダメージを予防し、さらには保湿効果まで備えたとても優秀な成分だと言えます。

 

アラントインの有効な使い方

有効な使い方としては、洗顔後の肌を化粧水で整え弱酸性にしたところに塗ると効果を発揮します。

ニキビ跡やかぶれなど特に気になる部分には、寝る前にアラントイン配合のクリームをたっぷりと塗布すると効果的だと言えるでしょう。

化粧水、乳液、美容液、保湿クリームなどの化粧品以外にもハンドクリーム、入浴剤などにも配合されており、これらは保湿効果が期待できます。

アラントインという成分は、保湿に効果がある成分として知られるコラーゲンやヒアルロン酸などに比べてまだまだ認知度が低いため、多くの化粧品の中から自分に合ったものを選ぶ際には、その成分に注目することがあまりないかもしれません。

実際、最近までニキビ予防や保湿効果の高いと言われる物の多くがヒアルロン酸配合というものがほとんどでした。

しかし、肌への刺激が少なく安全性も高いことから最近ではアラントインが注目されるようになりました。

広く知られている化粧品としてはキュレルがあります。

ヒアルロン酸配合の化粧品が多く登場する中で、このアラントインにいち早く注目したキュレルは、傷ついてしまった肌を修復し、出来てしまったニキビ跡やシミを消し、保湿効果も高い化粧品として人気があります。

ニキビに悩む人や、ひどい乾燥肌の人など、肌が敏感な人には化粧品を選ぶ上でこのアラントインという成分に注目して選ぶことをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ