セラミドの保湿効果とは?セラミドの役割と使い方とは?

セラミドという成分は美容液のパッケージやCMなどで皆さん一度は耳にしたことのある言葉かと思います。

しかし、具体的にこういった成分の役割やそもそもそれ自体が一体何なのかということまでは知らない人が多いでしょう。

多くの基礎化粧品がある中で、その製品に含まれる成分やその効果を知ったうえで選ぶことはとても大切です。

様々な保湿効果のある成分として知られるものの中でも、特に良く耳にするセラミドという成分について、その効果などをご紹介します。

 

セラミドとは?セラミドは表皮に存在する成分のこと。

皮膚は表面から順に表皮、真皮、皮下組織という3つの層に分かれています。

セラミドはこのうちの表皮に存在し、表皮の中でも1番上の層である角質層に存在しています。

 

表皮に存在しているセラミドは、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質と呼ばれる組織の一つで、細胞と細胞がはがれないようにくっつける役割を果たしています。

細胞と細胞が剥がれてしまうと細胞間に隙間が出来てそこから水分が蒸発し、乾燥肌になってしまうというわけです。

また、この細胞間脂質は水分と馴染む構造を持っているため、水分を逃がさないようにつなぐ役割も持っています。

そして、細胞と細胞の間を隙間なく埋める役割をすることで、外の刺激から肌を守ってくれているのです。

ちなみに、保湿効果のある成分として同じように良く耳にするヒアルロン酸という成分は、真皮に存在しています。

同じように保湿効果が期待される成分でも、それぞれ存在する場所が違っています。

それぞれに役目も違ったり効果的な補い方にも違いがあったり、と一概には言えないのです。

 

セラミドは年齢とともに減少する

とても重大な役割をしているセラミドですが、肌の中に存在しているセラミドの数は年齢と共に少しずつ減り始めます。

よく、お肌の曲がり角は25歳と言いますが、その理由は、セラミドは20歳前後から減り始め40歳前後には約半分の数になり、70歳前後には3分の1になると言われています。

加齢とともに何もしなければどんどんセラミドの数は減少していくので、それによって肌の保湿力も下がりしわやたるみの原因となってしまうのです。

だから、美容液などを使って補ってあげなければいけないのです。では、セラミドを補う上でどのような方法が一番効果的だと言えるのでしょうか。

 

セラミドの種類とセラミドの効果的な使い方

化粧品によって保湿効果を期待する場合、補いたい成分が肌のどこに存在していて、その場所まで浸透するかがカギとなります。

セラミドは肌の一番表面である表皮の、そのもっとも上の層である角質層に存在していて、それは化粧品の成分が浸透する範囲であるので、化粧品で補うことが可能です。

多くの化粧品にセラミドという成分は含まれていますが、選ぶ際のポイントは、配合されているセラミドの種類です。

大きく分けてヒト型セラミドと非人型セラミドの2種類があり、前者の方が人の肌に馴染みやすく、刺激も少ない上に高い保湿力があるとされています。

成分表示に、セラミド1やセラミド2など数字がついているものがこの人型セラミドに当たりますので、選ぶ際には注意してみてみると良いでしょう。

また、セラミドをサプリメントで補うことも可能です。

セラミドは表面にいちばん近いところに存在しているため、効率の良さとしては化粧品から補う方がよいです。

化粧品のサポート的役割として、サプリメントよって内側からも摂取するとより効果が望めます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ