グリチルリチン酸2kエキスの作用は?

よく化粧品や石鹸、歯磨きなどで「グリチルリチン」という成分を見かけたことはありませんか?

この成分はよく美白クリームなどにも使用されているのですが、本当に効果があるのか気になりますよね!

まず、グリチルリチンとは甘草というマメ科の植物の根や茎から抽出された成分で、よく漢方薬に使用されています。

抗炎症成分や抗アレルギー効果、痒み防止、殺菌、消毒などの幅広い働きがあるので皮膚科の治療でも使われる事があり、医療現場でも大活躍しています。

ニキビにも有効で、予防効果はないのですが赤くなったニキビの炎症を抑える効果もあり、お肌のトラブルの際は心強い味方になってくれます。

それだけではなく、あの有名な葛根湯の原料でもあるのです。

飲んでよし。塗ってよしのまるで万能薬のような成分ですよね!

そんなグリチルリチンは美白効果のあるクリームなどに含まれていることが多いのですが、実は直接肌を白くする効果を持ち合わせてはいません。

しかしグリチルリチンには美白になるうえで重要な役割である、お肌の黒ずみに効果的な作用を持ち合わせているのです!

黒ずみは大きく分けて刺激と摩擦の二種類あり、炎症による痒みで肌を擦ってしまう、服の摩擦、肌の摩擦、雑菌の繁殖による肌の炎症などが起こってしまうと皮膚を守ろうとして黒ずみの原因となるメラニンが過剰に分泌されてしまいます。

このようにして黒ずんでしまった肌を助けてくれるのがグリチルリチンなのです。

クリチルリチンには先ほども述べたように、抗炎症成分抗菌作用があるのでその効果を発揮し、肌トラブルを起こしている場合は炎症と雑菌の繁殖を抑えてくれるので状態を改善してくれます。

つまり、お肌のダメージに幅広く効いてくれる成分なのです!

副作用が気になってしまいますが病院での処方で甘草成分を大量に摂取した場合のみリスクが多少あるのですが日本で市販されているものは指定の量を守られているので用法・用量さえ守れば心配はありません。

美白・美肌、両方の観点からみてもグリチルリチンは欠かせない存在であり、理想のお肌に導いてくれるので肌のお手入れには必須です。

なので数え切れないほどのクリームやシャンプーなどに含まれている訳なのです。

なのでこれから美白・美肌を目指す予定の人は成分表に「グリチルリチン」が入っているかどうかを確認してから購入すると効果が得られる可能性が高いです。

黒ずみで美白を諦めている人も自分に合った成分のものを使用すればきっと改善されるはずなので是非、グリチルリチンの効果を試してみてください!

サブコンテンツ

このページの先頭へ