天然ビタミンEの消臭作用は?

ビタミンEは、脂溶性のビタミンです。落花生、かぼちゃ、モロヘイヤ、赤ピーマン、自然薯、大根の葉、パセリ、アシタバ、ニラ、ケール、ブロッコリー、ほうれん草、アボカドに多く含まれています。

脂溶性のビタミンであることから、効率よく体内に摂取するには、油と一緒に、炒めたり、揚げたりすることで、ビタミンEの吸収率がアップします。

ビタミンEは、不足すると、細胞膜の脂質が酸化し損傷してしまいます。

これにより、感覚障害や神経症状、未熟児においては、貧血になることが知られています。

逆に、ビタミンEを過剰摂取すると、出血しやすくなる症状を引き起こします。

そこで、サプリメントや薬による過剰摂取とならないよう気をつける必要があります。

ただし、日常生活での食事において、ビタミンEの過剰摂取にはなりにくいので、積極的に食材で摂取するようにしましょう。

ビタミンEは、活性酵素を抑制する抗酸化作用、血管の健康維持、毛細血管の血流促進、肌荒れ予防、コレステロールを下げる働きがあります。

ビタミンEの効果のうち、活性酵素を抑制する効果、抗酸化作用で、消臭できることが知られています。

 

ビタミンEのワキガ予防作用

ビタミンEがどのように消臭し、ワキガや加齢臭予防してくれるのかを紹介します。

ワキガや加齢臭を消臭するには、酸化を抑える食事をし、酸化を抑制できる栄養素を積極的に取ることが大切です。


ワキガや加齢臭は、ノネナールという成分が生成されることにより発生します。

皮脂の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が活性酵素により、過酸化脂質であるノネナールという成分となります。

このノネナールが、体臭や加齢臭となって臭いを放つのです。

ビタミンEの抗酸化作用で、活性酵素の働きを抑え、パルミトオレイン酸が、ノネナールになるのを防ぎ、体臭や加齢臭予防することができるのです。

 

ビタミンEには抗酸化作用があり、過酸化糖質ができるのを防ぐ

ビタミンEには、抗酸化作用だけではなく、体内の過酸化脂質ができるのを防ぐ働きもあります。

ビタミンEだけを摂取することは、ワキガや加齢臭を予防することができるのですが、ビタミンEとビタミンCを一緒に摂取すると、相互作用により、消臭効果が著しく高めることが出来ます。

それは、ビタミンEだけでは、ブロックしきれなかった体臭や、ワキガの臭いを、ビタミンCが消臭してくれることから、ビタミンEもビタミンCも多く含む食材や、それぞれの成分を含む食材を組み合わせて、摂取すると効果的に消臭することができるのです。

ビタミンCにも、ビタミンE同様、過酸化脂質の生成を抑える働きがあるのです。

 

加齢臭はヘキサデン酸の分泌が増えることによる

加齢臭は、どのように発生するのでしょうか。


加齢とともに、体内の抗酸化作用が、低下することと、ヘキサデセン酸の分泌が、増えることにより、加齢臭が強くなっていきます。

体内の抗酸化作用を強くすることで、加齢臭を弱められるということなのです。

抗酸化作用を持つ、ビタミンEやビタミンCの摂取は、加齢臭予防に効果的と言えるのです。

では、加齢臭の元となる、ヘキサデセン酸の分泌を減らすには、どうしたら良いのでしょう。

 

1脂肪分の摂取を極力減らす


2抗酸化物質の摂取を増やす


3脂肪酸を過剰分泌させないようにする

 

1と2については、食事を和食中心にし、動物性の脂肪分を減らし、活性酵素を抑える、抗酸化物質を含む食材を、積極的に摂取すると良いのです。

抗酸化物質を多く含む食材を体内に取り込むことで、体の中から消臭することができるのです。

抗酸化物質を多く含む食材は、トマト、大豆、りんご、緑黄色野菜、ジャガイモ、ナッツ類などがあります。

3については、生活を規則正しくし、暴飲暴食、過度な喫煙、寝不足を無くすことで、脂肪酸の過剰分泌を抑制することに繋がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ