【わきの黒ずみの原因】美白クリームで対策して黒ずみをケアしよう

これからのシーズンで困るのはわきの黒ずみですね。

電車のつり革につかまるときに突然気付き、「ワッ」となることもあります。

オシャレをしたくても、涼しいスタイルにしたくても我慢しなければなりません。

結婚式を予定している方は、ドレスなどでどうしても露出してしまいますよね。

でもこれからはもう我慢しなくてもいいのです。

さあ、今から原因を究明し、解決しましょう!

 

脇の黒ずみの原因

一口に「黒ずみ」と言っても症状は様々です。様々な原因が互いに影響し合い様々な症状が現れます。

・全体に黒ずんでいる

・黒いブツブツがある

・黄色いブツブツがある。

 

症状の違いをよく見極めてその原因を探り、正しい処置法を導くことが大切です。

さてこのような黒ずみは、どのようにしてできるのでしょうか?

 

脇の黒ずみの原因その1:刺激や乾燥によるもの

黒ずみの原因として一番多いいのが、肌を過剰に刺激してしまったり、肌の乾燥をほったらかしにしてできます。

 

色々な刺激

刺激の中でも一番多いいのが、ムダ毛を処理するときの刺激です。

脇の黒ずみの原因としてカミソリによる肌の摩擦によるものが多いです。

ムダ毛を処理するために毎回カミソリで毛を剃ると、肌がこすれて黒ずみの原因になります。

カミソリの強い刺激によって「メラノサイト」が活発に働くことにより、日焼けの原因となる物質の「メラニン色素」が過剰に分泌され、肌が黒ずんでしまいます。

また、“脇は清潔に”とは言え、ゴシゴシこするのはかえって危険です。

強くゴシゴシと肌をこすると、肌に刺激を与えます。

脇の下はとてもデリケートなところで、強い刺激により黒ずんでしまいます。

色々な身体の動きによる衣服の摩擦にも敏感に反応し、皮膚を守ろうとしてメラノサイトが活発に働き黒ずみの原因となるのです。

 

乾燥

脇の下はとてもデリケート皮膚が非常に薄く、乾燥し易いところです。

汗をかきやすい場所ですので乾燥のことは見落とされがちです。

ですが腋の下は保湿されていないことに加え、抜いたり剃ったりした後に保湿ケアーを怠ることによって乾燥が助長されます。

衣服による摩擦も乾燥の大きな一因となります。

乾燥しやすい場所はちょっとの摩擦で皮膚が過剰に反応するので、メラノサイトが過敏に反応します。

メラノサイトが反応すると、肌を紫外線などから守るメラニン色素という物質を生成します。このメラニン色素の働きにより肌が黒くなります。

厄介なことに、エステサロンに通って脱毛の施術を受けると肌が黒ずむ原因になります。

それは、レーザーを肌にあてることによって、先ほどのメラノサイトが肌を守ろうとして働くからです。

脱毛のレーザーによってメラニン色素が過剰に働くことによって黒ずみができます。

メラノサイトやメラニン色素をケアすることによって、黒ずみはケアできます。

 

脇の黒ずみの原因その2:原因1によるターンオーバーの不調

脇の黒ずみの原因は、ターンオーバーの不調からきます。

ターンオーバーとは新陳代謝のことで、健康な皮膚は約28日ごとに生まれ変わります。

古い肌が肌の奥から押し上げられて、垢となって剥がれ落ちます。

ところが加齢はじめ睡眠不足やストレス、栄養不足や刺激、そして日焼けなどでこのターンオーバーは不調をきたします。

ターンオーバーが乱れると健康な肌に戻れなくなり黒ずみの原因となるのです。

この肌の生まれ変わりであるターンオーバーが滞ると、メラニン色素が排出されずにいつまでも皮膚に残ってしまいます。

このメラニン色素が皮膚の奥底に残ったものがシミと呼ばれるものになります。

また、皮膚の表面にいつまでもとどまって排出されないことにより、肌が黒ずんで見えるのです。

メラニン色素による黒ずみに、多くの人は悩まされています。

 

脇の黒ずみの原因その3:埋没毛

脇の黒ずみの原因で多いのが、ムダ毛の不適切な自己処理によるものです。

脇の毛を抜くと、新しく生えてきた皮膚が毛穴につまって黒くみえます。

更に皮膚が引っ張られてブツブツが出来ることもあります。

それが酸化すると黒いブツブツとなり、そこにばい菌がはいると化膿して黄色いブツブツになったりするのです。

自然に逆らい無理に抜いたり剃ったりするわけですから、その後にはきちんと冷やしてから清潔に保ち、十分に保湿しなければなりません。

ムダ毛を抜いた後の保湿を怠ると乾燥し、その乾燥が更にメラノサイトの働きを助長します。

 

脇の黒ずみの原因その4:制汗剤(制汗スプレー)のつけすぎ

脇の下はとても汗をかきやすいところです。

人前に出る時や、薄着の時などには制汗剤をシュウーってしたくなりますよね。

でも制汗剤は強制的に汗せん(汗の出る穴)をふさぎ、汗と臭いを抑えるものです。

つけすぎによる刺激で保護作用が自動的に働き、メラニン色素が増え皮膚が黒ずむ原因を作ります。

 

脇の黒ずみの原因その5:肌の汚れによるもの

肌から分泌されている、皮脂や油脂により色が黒ずんで見える場合があります。

肌から分泌される皮脂や油脂が酸化することによって黒ずんでしまいます。ただ、この黒ずみに関しては、洗い流すことによって黒ずみを解決できます。

ただし、油脂や皮脂を綺麗に綺麗に洗い流そうとして、ゴシゴシと強く肌をこすって刺激を与えると、メラニンによる黒ずみになる原因になります。

油脂や皮脂を洗うときは、優しく丁寧に洗い流し、その後の保湿ケアもわすれないようにしましょう。

また、油脂や皮脂が毛穴にはいることにより黒いブツブツができたりします。毛穴の油脂や皮脂は適切にケアしないと黒ずみが長期化していまいます。

ゴシゴシとこすらずにあらい、適切な美白クリームを塗って適切に保湿をしましょう。

また、新陳代謝を正常に促すことも美白には重要になります。

 

脇の黒ずみを消したい治したい!脇の黒ずみの対処方法

黒ずみができるパターンは大きく5つのパターン。

あなたが悩んでいる脇の黒ずみの主な原因は、メラニン色素が肌に残ってしまったものです。

では、どのようにしてメラニン色素の黒ずみを解消することができるのでしょうか。

 

脇の黒ずみ解消対策は、メラニン色素を排出させること

ここまで黒ずみの原因を見てきましたが、黒ずみの原因はメラニン色素の働きにあります。

メラニン色素は本来は肌を紫外線などから守るために生成されます。

日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線でメラノサイトが刺激され、メラニン色素を生成して肌を守ろうとしているのです。

日焼けは肌の表面の表皮が黒くなり、しばらくするとターンオーバーによって黒ずんだ肌が生まれ変わり、肌色に戻ります。

しかしターンオーバーに不調をきたしたり、メラニン色素が肌の奥に入り込む色素沈着がおきたりすると、黒ずみが肌に残ります

脇の黒ずみに悩む多くの方は、メラニン色素による黒ずみに悩まされています。

メラニン色素による黒ずみは皮膚の中からの黒ずみです。

肌の黒ずみをケアするためには、ターンオーバーを正常にしてメラニン色素を肌から排出することが必要になります。

そのための脇の黒ずみ解消アイテムとして、脇の美白クリームがあります。

脇の黒ずみ対策クリームは、ターンオーバーを正常にする成分が配合されています。

黒ずみの部分のターンオーバーが正常になれば、黒ずんだ部分は自然と肌色に戻ります。

脇の黒ずみが肌色になれば、また周りの目をきにすることなく水着をきることができますね。

メラニン色素による脇の黒ずみに悩んでいる方は、脇の美白クリームを使いましょう。

 

黒ずみは早いうちのケアがすごい大事

黒ずみは命に関わるようなものでもなければ、ほっていても経済的に困るということもありません。

しかし、放っておけば放っておくほど治りにくくなります。

黒ずみを放置すればその分肌のメラニン色素が沈着していき、肌の真皮にまで沈着して頑固なものになってしまいます。

また、乾燥した状態を放置することによってかゆみがでたりしますし、場合によっては雑菌が繁殖してキツイ匂いが発生したりします。

脇やデリケートゾーンは特に黒ずみやすいですし、匂いが発生しやすい場所でもあります。

早め早めのケアが黒ずみや匂いのケアにとって重要になってきます。

>>アットベリーで黒ずみの悩みを解決しましょう♪

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ